• ホーム
  • トレチノインの間違った使用法

トレチノインの間違った使用法

体の調子が悪い女性

トレチノインを使用する場合、その使用方法だけでなく注意点についても知っておきましょう。
間違った使い方をすると副作用が現れてしまうこともありますトレチノインは熱や光に弱いため、冷蔵庫に入れて保管すると良いのですが、きちんと保管していても1ヶ月半~2ヶ月程度で効果が落ちるとされています。
そこで定期的に新しいものに買い換えると良いでしょう。
また、トレチノインを使っている場合、日焼けには注意が必要です。
そこで夏など紫外線が強く日焼けしやすい時期は、使うのを休んでも良いかもしれません。
紫外線の強い時期に使いたい場合、直射日光をできるだけ避けるようにしましょう。
日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や日傘などを使うのがおすすめです。
外で活動することが多い場合、夏などの時期は使用しない方が無難です。
また、トレチノインを使用している間は保湿をしっかり行うこともポイントです。
トレチノインは洗顔して化粧水や乳液をつけてから塗るようにしましょう。
トレチノインは医師の処方によって使われる薬であり、正しい使い方をしっかり覚えておくことが大切です。
トレチノインはとても強力な薬であるため 皮膚が薄くデリケートな目の周りや口の周りには使うことができません。
間違った使用により色素沈着などのトラブルが起こることもあるので注意しましょう。
メラニンというのは紫外線から肌を守るために生成されるものであり、本来は肌に必要なものなのです。
しかし、トレチノインで治療している間はメラニンの生成ができないため、紫外線を浴びると細胞が直接そのダメージを受けてしまうのです。
それによって皮膚がんなどの原因となることもあるので注意しましょう。